【白髪・薄毛・抜け毛】メカニズムと原因

【白髪・薄毛・抜け毛】メカニズムと原因
Advertisement

 

白髪のメカニズム

 

白髪は、黒い髪の色素が

抜けてしまったと思う方も多いでしょうが

実は、本来の色は白髪です。

 

 

 

黒髪は、髪が作られる過程で

メラニン色素と合成し、黒い色に染められて生えてきています。

 

白髪になるには、以下の可能性が上げられます。

 

① 欠失型(けっしつがた)

メラノサイトが、メラニン色素を作り出せない

(そもそも、髪を染めるカラーリング剤が無い)

 

② 休止型

毛母細胞のシステムが狂い、メラニン色素を受け入れない

(カラーリング剤はあっても、上手く染まらない)

 

 

薄毛のメカニズム

 

髪も、すぐ抜けるわけではなく

薄毛→抜け毛と、徐々に進行します。

30代をピークに、60歳を過ぎると

約30%、細くなると言われています。

 

薄毛になるには、以下の可能性が上げられます

 

① 女性ホルモンの減少

皮脂・コラーゲンの、分泌量が減り

頭皮の、保湿が保たれない

 

② 頭皮の新陳代謝が、活発に行われない

毛根に、充分な栄養が行き渡らない

 

結果として、髪の毛が細くなる・柔らかくなる

コシがなく、ぺったりした印象になる

分け目が目立つ・かゆみが出る

髪がベタベタするなどの、症状が現れます

 

 

抜け毛のメカニズム

 

 

女性だと、通常このサイクルを4~6年で行います。

(男性だと3~5年なので、女性より薄毛になりやすい)

 

 

年間の抜け毛の推移

 

 

 

1日に、抜ける髪の平均は100本くらいです。

10万本の、0.1%ほどの量で、ほとんどは洗髪中に抜けます。

 

抜け毛シーズン(10~11月)は、200本以上抜けます。

秋に抜け毛が、多い理由は

① 夏のダメージが、秋に出てくる

② 動物を同じように、冬毛になる

通常なら、1ヶ月もしない内に元に戻ります。

 

この、ヘアサイクルが狂ったり

抜けた毛が、上手く生えてこなくなると脱毛症の原因になります。

 

 

【白髪・薄毛・抜け毛】原因

 

前回の記事、【髪質改善】髪がパサパサになる原因以外にも

白髪・薄毛・抜け毛の原因はあります。

 

① 女性ホルモンの減少

出産・更年期・加齢による老化

過度なダイエット・喫煙でも

女性ホルモン(エストロゲンの分泌量)が減少します。

 

② 皮膚に負担をかける

 

・間違ったシャンプー選び

・洗髪のしすぎ

・洗髪しても、汚れが落ち切っていない

・スタイリング剤の付けすぎ

・髪の毛が長すぎて、頭皮に負担がかかる

・過度なヘアアレンジ

他、乾燥や不衛生で

頭皮環境が乱れると、抜け毛の原因になります。

 

この他にも、遺伝も影響しますが

以上の点を抑えることが出来れば、充分改善も可能です。

 

 

ヘアケアカテゴリの最新記事