髪を傷めないタオルドライの仕方

髪を傷めないタオルドライの仕方
Advertisement

 

 

タオルドライが雑だと、せっかく綺麗に洗っても

摩擦で傷んでしまう可能性があります。

 

 

タオルの選び方

 

 

吸湿性・速乾性の、高いタオルを選ぶことが

美髪と、時間短縮に繋がります。

 

特に、オススメなのは

マイクロファイバータオル

速乾タオル

ポリエステル・アクリル・ナイロンなど

化学繊維で、作られたものです。

 

天然素材よりも、圧倒的な吸水力と速乾力

さらに、軽いのが特徴です。

マイクロファイバーのメリット

 

 

木綿とくらべ、吸湿性:3倍・速乾性:5倍

干すだけで、すぐに乾くので

毎日の、洗濯の必要がありません。

 

さらに、軽く・温かいという特徴があります。

その理由は、8マイクロナノメートルという

髪の毛の、100分の1以下の

極細繊維を、さらに加工をほどこして

繊維の1つ1つが、とがって作られているからです。

 

 

マイクロファイバーのデメリット

 

 

繊維が、とがって作られているため

ゴシゴシ力を入れて、髪を拭いてしまうと

髪や肌が傷ついて、逆効果になる可能性があります

 

優しく、押し当てるように使う事が大切です。

さらに、熱に弱く・長持ちしません

極細繊維なので、洗濯するうちに傷んできてしまいます。

 

干す時も直射日光ではなく、陰干しがオススメです。

乾燥機・アイロンもNGです。

 

 

タオルドライの仕方

 

 

① やさしく、手で水気を切ります

 

② 頭に、乾いたタオルをかぶり

  指の腹を、小刻みに動かすようにして

  地肌・髪の根元の、水分を拭きとります

※ 爪を立てて、ゴシゴシこすらないようにします

 

③ 髪の中間~毛先を、タオルで挟んで

  ポンポンとやさしく抑えて、水気を吸い取ります

※ 髪の毛同士を、こすり合わせないようにします

 

④ 頭をマッサージするように、頭皮を拭いていきます

 

 

タオルドライの時短ポイント

 

 

ティッシュペーパー・キッチンペーパー等で

毛束を挟んで、軽く押さえれば

タオルで取り切れなかった、水分が吸収され

ドライヤーの、使用時間を短縮できます。

 

時短にもなりますが、個人的には

ドライヤーで髪を乾かす際に、水滴が顔や周りに

飛び散らなくて、便利だと思います。

 

 

【おすすめタオル】ハホニコ・ハッピーライフ

 

 

美容院、専売商品メーカー

「ハホニコ」から誕生した、新ブランド

ハホニコ・ハッピーライフ ヘアドライタオル

 

 

ショップチャンネルでも、紹介された

コラシルクシリーズを、はじめとする

ヘアケア商品・コスメを販売

 

累計出荷数、5.6万枚突破

楽天リアルタイムランキング≪1位≫

 

ハホニコ ヘアドライタオル

マイクロファイバー(ピンク・グリーン) 1,080円

2本セット、2,160円

4本セット、4,104円

 



 

 

【おすすめタオル】1秒タオル【瞬間給水・純国産】

 

 

創業150周年を迎えた、ホットマンの「1秒タオル」は

特に、吸水性に優れています。

 

吸水剤といった薬剤により、吸水性を確保するタオルが増えている中

柔軟剤・吸水剤などの、薬剤を一切使用しておりません。

 

薬剤ではなく、天然の綿素材を生かすことで

よりすぐれた吸水性を生み出し、赤ちゃんにも安心して安全に使うことが出来ます。

 

豊富なバリエーションから、 好きなデザイン・サイズを選べるのも嬉しい

数々の賞を受賞し、 テレビ・雑誌にも取り上げられています。

 



ヘアケアカテゴリの最新記事