紫外線の毛髪への影響

紫外線の毛髪への影響
Advertisement

 

 

紫外線の毛髪への影響

 

 

紫外線が毛髪に当たると、紫外線は髪に吸収され

髪を構成している、アミノ酸が酸化されて

ケラチンタンパクがダメージを受けます。

 

 

 

 

 

 

キューティクルが、剥がれやすくなる

 

キューティクルとは、髪の一番外側を覆う膜のようなもので

それが剥がれてしまうと、髪の中のタンパク質や

保湿する成分が流れ出て、髪の水分や栄養がなくなってしまいます。

 

 

髪のツヤが無くなる、パサつく

 

紫外線でキューティクルが剥がれ、髪の中の水分や栄養が流れ出ると

それが原因で髪が乾燥し、パサつきの原因になります。

紫外線が強くなる5月~9月は、特に注意が必要です。

 

 

髪の柔軟性がなくなり、切れ毛や枝毛ができる

 

紫外線を吸収すると、髪内部のシステイン結合を壊します。

そのため、髪の毛の柔軟性がなくなり

引っ張っただけで髪の毛が切れたり、毛先に枝毛ができやすくなります。

 

 

髪の変色や、カラーの色持ちを悪くする

 

紫外線は、髪内部のメラニンを分解する力があります。

 

メラニンというのは、髪の色を作る色素なのですが

メラニンが紫外線によって分解されてしまうと

髪の色が徐々に抜けて、赤みを帯びた色に変色します。

 

また、カラーリングをしている髪は

染めていない髪よりメ、ラニン色素が少ないため

より紫外線の影響を、受けやすい状態になります。

 

 

髪や頭皮の老化現象が進み、抜け毛・薄毛・白髪の原因になる

 

肌が紫外線を受けると、シワやたるみの原因になるように

髪や頭皮も、同じように老化現象が起こります。

 

髪の毛の根元にある毛母細胞がダメージを受けると

抜け毛・薄毛・白髪の原因になります。

 

 

洗い流さないトリートメントでUVケア

 

 

紫外線を受けた髪は、キューティクルが剥がれ水分がなくなっています。

ですので、疑似キューティクルを作れるトリートメントや

保湿力の高いトリートメントで、ケアするのがオススメです。

 

夏の時期になると、髪に栄養を入れながら

UVケアもできる、洗い流さないトリートメントが発売されますので

それらを活用することで、ダメージを軽減させることが出来ます。

 

【参考ページ】

【高品質・格安】ヘアケア用品通販サイト3選

【おすすめ】トリートメント3選①

 

 

スプレータイプの日焼け止めで、頭皮もUVケア

 

紫外線のダメージにより、頭皮そのものを気にする人が増えています。

スプレータイプの日焼け止めで、髪・頭皮を紫外線から守ることが出来ます。




→右下のサーチから、商品名を入力の所に

「日焼け止め」 と入力し、検索します。

 

 

帽子をかぶる、日傘をさす

 

ダメージを、回復することも大切ですが

初めから髪が傷まないのなら、それに越したことがありません。

紫外線対策以外にも、日射病対策にもオススメです。

 

 

ヘアケアカテゴリの最新記事