紫外線の知識

紫外線の知識
Advertisement

 

 

日焼けとは

 

 

 

 

日焼けとは、紫外線を皮膚に浴びることにより

皮膚が赤く炎症を起こす、急性症状(サンバーン sunburn)と

メラニン色素が、皮膚表面に沈着する

(サンタン sun tanning)の事です。

紫外線は、波長の長さによってUV-A(紫外線A波)

UV-B(紫外線B波)・UV-C(紫外線C波)の、3つに分けられます。

 

UV-Cはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。

肌に悪影響なのは、UV-A・UV-Bです。

 

紫外線の、約9割を占めるUV-A(サンタン)

波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過し

肌に到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。

 

UV-Aを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり

シワ・たるみを、引き起こします。

 

波長が短いのが、UV-B(サンバーン)

屋外の日焼けの、主な原因となるため

「レジャー紫外線」とも呼ばれます。

 

たくさん浴びてしまうと、すぐに赤く炎症を起こし

メラニンを作らせ、シミ・色素沈着の原因になります。

 

曇りの日では、晴れた日の6割強

雨の日でも、晴れた日の約2割の

紫外線が、地表に届いています。

 

上から降り注ぐだけでなく、壁・地面に当たって反射するため

一年中UV対策をして、徹底的に肌を守ることが大切です。

 

 

 

 

シミ・炎症の原因、UV-B(サンバーン)

 

 

皮膚が、赤く炎症を起こす状態を

UV-B(サンバーン)、別名:日光皮膚炎と言います。

 

紫外線を浴びて、しばらくすると

皮膚が赤く熱を持ち、水膨れや痛みが現れてきます。

 

体内にある、プロスタグラジンという物質が

血管を広げて、血流量を増やし

これによって、皮膚が赤く見えます。

 

これは、メラニン色素が皮膚を守る働きよりも

浴びる紫外線の量が、多くなることにより

細胞組織が、傷つけられて起こり

軽いやけどの状態と、同じであると言えます。

肌が弱く、色白な方がなりやすいです。

 

 

シワ・たるみの原因、UV-A(サンタン)

 

 

紫外線を浴びて、1週間ほどすると

紫外線の影響を受けた、皮膚が黒く変色し

しばらくすると、その表皮がめくれることを

UV-A(サンタン)と言います。

 

こちらも、身体が熱を帯び

痛みを、伴うことがありますが

サンバーンに比べて、軽い日焼けと言えます。

 

サンタンを、引き起こすのは

紫外線の中でも、波長の長いUVAで

表皮を通り越して、角質層より奥深くまで届く紫外線です。

 

ハリ・弾力を生む、コラーゲン・エラスチン

ヒアルロン酸をつくりだす、線維芽細胞を傷つけるため

細胞を守るため、角質層の奥深くでは

メラノサイトが、反応しメラニンを生成します。

 

そのメラニンが、UVAを吸収して

真皮に与える影響を、軽減しようとするのですが

この過剰に生成される、メラニンが原因となり

古い角質を排出する、ターンオーバーの働きにより

UVAのダメージを受けて、メラニンが蓄積された部分を

表面に押し上げるため、肌が黒くなります

 

 

 

ヘアケアカテゴリの最新記事